遺品整理を業者に依頼するメリットとデメリット

使わなくなった家電や家具など、なかなか簡単に捨てられるものではありません。粗大ごみとして自治体に回収してもらうとしても、日時が厳しく決まっていたり、回収場所まで自ら運ばなければならなかったり…。取り扱い可能なものにも制限があり、手間や時間ばかりがかかるイメージではないでしょうか。

そういう時に重宝するのが遺品整理業者です。不用品の種類や量にかかわらず、たいていのものなら喜んで回収してくれます。ただし、遺品整理業者に依頼するには当然ながら料金がかかりますし、いくつかのポイントにも注意しておかなければなりません。では、業者に依頼する際、どんな基準で選べばよいのでしょうか。

そこで、不用品の処分でお困りの方のために、専門の業者に依頼するメリットとデメリットをまとめました。

目次

遺品整理業者に依頼するメリット

自治体でも、燃えるごみ、燃えないごみ、また、粗大ごみについても回収を行っています。不用品の処分では多くの人が自治体のごみ回収を利用しますが、あえて遺品整理業者に依頼した方が有利なケースもあるのです。では、自治体に回収してもらうのに比べて、専門の回収業者に依頼することには具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。

自宅まで訪問してくれる

自治体のごみ回収と違って、自宅の玄関先まで回収に来てくれるのが、遺品整理業者に依頼する大きなメリットです。

自治体での回収の場合、たとえ回収場所が近くても、大きな不用品をそこまで運搬するのが難しいことがあります。大型のタンスやベッドなど、たとえ近距離でも、1人では運べないことは明らかです。業者に依頼すれば自分で運ぶ必要はありません。不用品回収のプロフェッショナルですから、重いもの、大きなものでもスムーズに回収してくれるでしょう。

日時の指定ができる

自治体のごみ回収は日時が決まっています。その日時を逃したら回収を受け付けてくれないので、予定を合わせなければならないのがデメリットです。1日中家にいる人ならともかく、仕事などで家を空けなければいけない人にとって、いつまでも不用品を処分できないことも考えられます。

遺品整理業者に頼めば、電話やメールで都合の良い日時を指定するだけで済みます。対応の早い業者なら、依頼したその日のうちに回収に来てもらうことも可能です。

自治体での回収が困難なものも回収してもらえる

自治体で回収できるごみの種類には制限があります。家電などがその代表でしょう。テレビや冷蔵庫、洗濯機やエアコンなどの大型家電のほとんどが家電リサイクル法の対象です。粗大ごみの日だからといって、回収場所に放置したら不都合が生じます。所定の費用を払って、しかるべき業者に回収してもらう必要があるからです。

同じように、パソコンも気軽に捨てることができないものです。パソコンリサイクル法に該当するものは、専門の回収業者やリユース業者を通じて処分してもらうことになっています。もちろん、回収には料金が伴います。

その点、遺品整理業者なら、場合によっては買い取りの形で回収してもらえます。

処分だけでなく、処分品に価値があれば買い取ってくれる

遺品整理業者とは、単に不用品を回収するだけの業者ではありません。販路を持っている業者の場合、価値の認められるものは有料で買い取ることもあります。不用なものを家から処分できるうえに、お金までもらえるわけですから、利用しない手はないでしょう。

フリマやオークションアプリを使えば、より高額での引き取り手を探すこともできます。しかし、最適な買い手を探すのは時間がかかります。金額交渉や発送の手続きなど、面倒なことも多いものです。

遺品整理業者に依頼すれば、難しいこと、面倒なことは何もありません。価値のあるものは買い取ってくれますし、そうでないものは不用品として処分されるだけです。手間のかからない点が大きな魅力ではないでしょうか。

自分での運び出しが困難な場合

不用品のなかには、家の外に運び出すことも困難な大型の家具などがあります。たとえば、大きなタンスが家の2階にある場合を想像してみてください。とても1人では運び出せませんし、家族が協力して運ぶとしても、かなりの重労働です。それに、家具の運搬に慣れていない一般の人が無理をすると、壁にぶつけて大きな傷を付けるようなリスクも考えられます。

遺品整理業者であれば、大型の家具などが複数あっても大丈夫です。トラックのような大型車両で自宅まで訪問してくれますし、運搬に関してはプロですから、運び出しにも問題はありません。見ているだけ、場合によっては立ち会いすら不要で、家の中の不用品がどんどんなくなるのです。

まとめて不用品を処分してくれる

遺品整理業者に依頼すると、数に制限がないのも大きなメリットです。

自治体のごみ回収でも、正当な手続きを経ることで処分できるでしょう。しかし、タンスが1棹、炊飯器が1台、自転車が1台など、種類の違う不用なものが複数ある場合はどうでしょう。正しい処分方法に従い、別々に手続きしなければならない場合もあります。すべてを処分し終わるまでには、手間も時間もかかるでしょう。

「早く処分しなければ」と思いつつ、家の中に不用品がたくさん溜まっている方も少なくないのではないでしょうか。溜まれば溜まるほど、処分はたいへんになるばかりです。こういう時は、早めに遺品整理業者に依頼しましょう。たとえゴミ屋敷級の量であっても、しっかりした業者に依頼すれば、手早くスムーズに片付けてくれるでしょう。

遺品整理業者に依頼するデメリット

同時に、遺品整理業者に依頼するデメリットについても頭に入れておかなければなりません。

悪質業者の場合トラブルに

遺品整理業者のなかには、まれに悪質な業者が混じっています。もし誤ってそんな業者に依頼してしまったら、思わぬトラブルに巻き込まれかねません。

実際、国民生活センターには、不用品回収について多くのトラブルが報告されています。よくあるのが、事前に聞いていたよりも高額な料金を請求されるケースです。

通常の業者であれば作業前には見積もりを出すものですが、理由をつけて見積もりを拒否する悪質業者がいます。「実際にトラックに積み込めるだけ積み込んでみないと、いくらになるかわからない」などと言って、とりあえずトラックに積み込む手口です。その挙げ句、法外な料金を請求し、拒否すると、今度は「もとに戻すのにも費用がかかる」などと難癖をつけてきます。こういう悪質業者に引っかかると厄介です。

不用品の回収には自治体等の認可や資格などが必要なのですが、無認可で事業を営んでいる業者もいます。なかには、お客様から回収した不用品を山の中などに不法投棄する悪質な業者も。不法投棄はもちろん違法で、投棄した業者だけでなく、もとの持ち主のお客様まで責任を問われることがあります。

他にもさまざまな悪質業者の被害が報告されていますので、遺品整理業者を利用する際はくれぐれも注意しましょう。悪質業者に引っかからないように、ホームページで所在地や実績、許認可の有無などをチェックしてください。料金についても、事前によく確かめておくことをおすすめします。

料金設定が把握しづらい

料金設定が把握しづらいことも、遺品整理業者を選ぶ際のデメリットです。サービスの優良な業者であっても、相場より高い料金を設定しているところはあります。

というのも、この業界に適正な相場などあってないようなものだからです。スタッフの人数も、車両台数も、回収品の処分経路もさまざまですので、個々の事情に応じた料金設定となるのは仕方ないことでしょう。

あくまで優良業者のなかで、しかもなるべく安く済ませたいと考えるのであれば、1社で即決してはいけません。複数の業者に見積もりを依頼したうえで、比較検討して決めるのが賢明な方法です。ただし、少々時間と手間がかかるのがデメリットと言えます。

遺品整理業者を利用するのに向いているひと

以上のメリットとデメリットを踏まえたうえで、なお、遺品整理業者を利用した方がよいのはどんな人たちでしょうか。

引っ越しなどで、不要品の処分が間に合わない

引っ越しなどで家を出る期限が迫っている場合は、遺品整理業者に依頼する方がよいでしょう。自治体の回収を待つ時間がなくても、遺品整理業者なら希望の日時に自宅を訪問してくれるので安心です。

家がゴミ屋敷になっている

家がゴミ屋敷になるほど大量の不用品であふれた状態ならば、すでに個人の手に負える状況ではありません。遺品整理業者をご利用ください。事後の清掃までやってもらえるのでおすすめです。

自宅から運び出しが困難なものを処分したい

独力では運び出せないような大型の不用品がある場合も、遺品整理業者が適切でしょう。無理をすると、怪我をしたり建物を傷つけたりするリスクがあります。最初から専門業者に依頼するのが安心・安全です。

高齢の方や女性の方で、体力的に処分する物を運び出せない場合

高齢者や女性にも、同様の理由で遺品整理業者をおすすめします。大型のもの、重量物を無理して自分で処理しようとするのは危険です。

処分だけでなく、買い取り可能かも査定して欲しい

単にごみとして処分するだけでなく、まだ使えそうなもの、価値がありそうなものが不用品としてある場合も、遺品整理業者に依頼しましょう。たとえば家電など、通常なら費用を払って家電量販店に引き取ってもらいますが、まだ使えるものなら遺品整理業者が有料で買い取る場合もあるのです。

遺品整理も行いたい

遺品整理業者のなかには、遺品整理も得意とするところがあります。

遺品となると、故人によっては膨大な量に上ることもあるでしょう。すべて遺族が整理し、不用品を処分するのはたいへんです。当社のような遺品整理にプロにお任せください。一般的な遺品の仕分け、処分、捜索から、デジタル遺品の整理や消去まで、適切に行います。

遺品整理業者の選び方

転居や大掃除などで大型家電や家具などの不用品が出た場合、どうやって処分すればよいかお悩みではないですか。そんな時に頼りになるのが遺品整理業者です。自宅まで不用品を回収しに来てくれるので、大きくて自分では運べないものや不用品が大量にある場合など、特に重宝するでしょう。

しかし、同時に注意しなければならないのが悪質な業者の存在です。悪質業者に引っかかってしまうと、法外な料金を請求されたり、詐欺やトラブルに巻き込まれたりすることもないとは言えません。

こちらの記事では、不用品回収の優良業者の選び方をお伝えします。

【関連記事】

遺品整理業者の選び方【詐欺やトラブルなど悪質業者に注意!】

遺品整理業者が回収できないもの

遺品整理業者のなかには「何でも回収します!」と力強く宣伝しているところがあります。

ところが、何でも回収できるという遺品整理業者であっても、実際には回収できないものもあるのです。

例えば、灯油やガソリンなどの引火物、爆弾や猟銃などの銃火器といった、危険物に該当するものは回収できないと考えてください。

その他にも基本的には回収できないものを、こちらの記事で詳しく紹介しています。不用品回収を依頼しようとご検討されている方はぜひご覧ください。

【おすすめ記事】多くの遺品整理業者が回収できないものとは?

独力では処分できない不用品がある場合は遺品整理業者がおすすめ

遺品整理業者のメリットとデメリットを見てきました。数が少なく、小さなサイズのもの以外は、遺品整理業者に依頼する方がはるかにメリットを感じられるでしょう。悪質業者や料金トラブルには注意が必要ですが、適切な業者を選べば、満足できる不用品の処分が可能です。

片付けゾウは、あらゆる現場で多くの実績を持つ、不用品処分のプロです。24時間365日体制で受け付け、料金は業界最安値を目指しています。少量の処分からゴミ屋敷の整理まで、何でもお任せください。

仙台遺品整理おまかせゾウまで

宮城県の遺品整理業者をお探しはこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる