多くの遺品整理業者が回収できないものとは?

遺品整理業者のなかには「何でも回収します!」と力強く宣伝しているところがあります。本当に何でも回収してもらえるなら、自治体のごみ回収にも厳しいルールがある昨今、これほどありがたい存在はありません。

ところが、何でも回収できるという遺品整理業者であっても、実際には回収できないものもあるのです。言葉通りに受け取って、回収不能なものを回収依頼に出すことのないよう、どんなものが回収できないのかを知っておきましょう。不用品回収を依頼しようとご検討されている方のために、多くの業者で基本的に回収が難しいと考えられている品目を紹介します。

目次

遺品整理業者でも回収が困難なもの

遺品整理業者が回収できないものはいくつかありますが、その代表的な例が以下に掲げるものです。もちろん、業者によって対応状況は違うので、探せば回収可能な業者が見つかる可能性もあります。ここでは、基本的に断られると考えておいた方がよいものについて紹介します。

生ごみ

生ごみは回収できません。まだ生ごみになっていなくても、食品など、放置すると腐敗するものも同様です。ですから、食べ残しはもちろん、飲み残しのあるペットボトルなども回収できません。

もっとも、生ごみは一般的な燃えるごみとして捨てられますので、自治体のルールに従って正しい方法で捨てれば問題ないでしょう。

危険物

灯油やガソリンなどの引火物、爆弾や猟銃などの銃火器といった、危険物に該当するものは回収できないと考えてください。

爆弾などの回収依頼は滅多にありませんが、ストーブに使用した灯油の残りを処分したいというケースはあるのではないでしょうか。その場合は、灯油を購入した販売店やガソリンスタンドなどにお願いしましょう。流しやトイレに捨てるのはNGです。

ガスボンベやスプレー缶も、業者によっては危険物と見なされて回収を断られるケースがありますが、対応している業者が意外と多いです。当社も、中身の有無にかかわらず、スプレー缶、ライター、ガスボンベ、農薬などの危険物の回収に対応しています。他社で断られたことがある方も、ぜひご相談ください。

汚物

具体的には排泄物、つまり、屎尿のことです。不用品とはいえ、遺品整理業者で回収できません。

もっとも、ふつうの生活を送っている人なら、汚物を遺品整理業者に依頼するケースはないでしょう。排泄はトイレでできるからです。

ただ、孤独死など、一人暮らしで亡くなってから時間が経った方の部屋を片付ける時に、問題になることがあります。このようなケースでは、当社のような特殊清掃ができる業者にご依頼ください。一般的な遺品整理業者が対応できる範囲は超えていますが、専門業者なら対応可能です。汚物を含め、不用品をすべて片付け、きれいな状態に戻すことができます。

医療器具

医療器具のなかにも、遺品整理業者では回収が難しいものがあります。注射針などがその代表です。

特に使用済みの注射針の場合、付着した血液から他の人に病気が感染するような危険性があります。遺品整理業者に回収を依頼することもできなければ、燃えるごみとして自治体に収集してもらうこともできません。

自宅で注射器を使用するようなケースでは、基本的に医師の指示による医療機関からの提供品です。同時に、廃棄するための専用容器も提供されているはずです。医療器具の処分については、必ず提供を受けた医療機関の指示に従ってください。

回収することによって犯罪に加担してしまう可能性があるようなもの

拳銃や刀剣などのように、持っているだけで銃刀法に触れるものなどは回収できません。また、拳銃や刀剣のような危険物でなくても、盗品を盗品と知りつつ回収することも、盗品等関与罪に抵触します。

回収することで、業者まで違法行為に加担したと見なされてしまう危険性があるものは、絶対NGです。もし回収できると言う業者があれば、違法に営業する悪質業者と考えられます。いずれにせよかかわらない方がよいでしょう。

遺品整理業者の繁忙期

不用品の回収が忙しくなる時期は、大量に不用品が出る時期です。つまり、引っ越しや大掃除が多くなるシーズンと言えます。

たとえば、4月の新生活を前にして多くの人が移動する時期には、引っ越し前に処分される不用品が大量に出ます。ほとんどの人は3月中に新居に引っ越しますので、3月半ばより前、2月の後半ごろから遺品整理業者への依頼が増え始めるでしょう。

また、年末に大掃除をする際に、不用品をまとめて処分したいと思う人も多いです。11月中ごろから依頼が増えると考えてよいでしょう。

つまり、2~3月および11~12月が遺品整理業者にとっての繁忙期と言えます。

こちらの記事では、不用品回収の繁忙期と依頼する際の注意点について、詳しくお伝えします。

【おすすめ記事】不用品回収の繫忙期とは?希望日時に回収に来てもらうポイント

遺品整理業者に事前に確認することが大切

「何でも回収できる」と宣伝する遺品整理業者でも、実際には回収NGがあることをご理解いただけたでしょうか。生ごみ、危険物、汚物、医療器具はほとんどの業者で共通していますが、業者によっても対応が異なるので、事前に確認しておきましょう。犯罪に加担してしまうものはどの業者もNGですが、それ以外なら回収できるものもあるはずです。

もし他社で回収を断られた不用品の処分にお困りなら、ぜひ片付けゾウをご利用ください。スプレー缶やガスボンベなどの危険物の回収も、特殊清掃(孤独死の部屋の片付けなど)にも対応しています。過去の実績はホームページでも公開していますので、ぜひご確認のうえ、お問い合わせください。

仙台遺品整理おまかせゾウまで

宮城県の遺品整理業者をお探しはこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる